主な遊戯王デッキレシピ
スポンサード リンク



2007年11月24日

PHANTOM DARKNESSによってテーマデッキが受ける影響

新パックPHANTOM DARKNESSの発売で多数のデッキが影響を受けると思います。
どのデッキが弱体化してどのデッキが強化されたか簡単にまとめてみようと思います。

植物族、昆虫族…デュアルしたら手札、墓地から植物族、昆虫族を特殊召喚できる「ギガプラント」の登場で大幅に強化されたと思います。

戦士族…「不死武士」と「戦士ラーズ」などの登場で強化されたと思います。

悪魔族…強力カード「ヘイト・バスター」の登場で強化されたと思います。デーモンデッキは万魔殿−悪魔の巣窟−の効果で全てのデーモンがサーチできるレベル8の「プリズンクインデーモン」の登場で強化。

ヴォルカニックバーン…遊戯王GXでオブライエンが使った、墓地にある時に除外して自分の受けたダメージを相手にも与える「ヴォルカニック・カウンター」の登場で戦略の幅が広がったと思います。

アトランティス…「超古深海王シーラカンス」の登場で魚族のモンスターをメインにデッキを組むことができるようになりました。早速、超古深海王シーラカンスを使ってみましたが面白いです。

雲魔物…サポート、モンスターが登場せず。次のパックで天使族が多く登場しそうなので次のパックで登場してくれることを祈ります。

剣闘獣…「剣闘獣ダリウス」がかなり使えます。1枚入れとくと剣闘獣ヘラクレイノスの融合召喚がすぐにできます。破壊を1回無効にしてくれる「剣闘獣の闘器デーモンズシールド」も1枚入れておきたい装備カードです。

六武衆…「不死武士」と「終末の騎士」の登場で生還の宝札を使うタイプの六武衆デッキは強化されたと思います。「六武衆の結束」は神速の具足や血の代償を投入したタイプで役立つと思います。

エーリアン…5期皆勤賞だったエーリアンはこのパックでは収録されませんでしたが爬虫類族を破壊して相手カードを2枚破壊する「毒蛇の供物」が使えると思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。